【アバター・フライト・オブ・パッセージ】子連れ体験記・ファストパス取得・攻略法

2020年3月3日

アバター・フライト・オブ・パッセージの入り口
アバター・フライト・オブ・パッセージの入り口

💓ども、ワッツアップ、WDW歴25年、オーランドの達人イルカパパです。

今日は世界でフロリダにしかないWDWアニマルキングダムの大人気アトラクション「アバター・フライト・オブ・パッセージ」に家族で乗った時の体験記や攻略法、ファストパスの取り方などを紹介します、ひゃっほぉ〜!

それでは夢と魔法の旅へ、ヒアーウィーゴー!

アバター・フライト・オブ・パッセージについて

リンクシート
リンクシート

アバターは2009年に公開されたジェームズキャメロン監督によるアメリか映画です。3Dメガネをかけて視聴すると言う当時画期的な映画で、画像の美しさ、迫力に来館者の心を捉え、2019年まで興行収益世界一を誇っていました。

🐬でもね、あのパンドラ(惑星ポリフェマスの衛星。ここに生物が生息してて、映画の舞台となっています)の景色、樹木が生い茂る巨大な岩がふわふわふと宙に浮いている風景は、確かにものすごく美しんだけど私には「天空の城ラピュタ」そっくりに思えた。パクリじゃないかと。当時も今も誰もそのことに関して指摘しないから、こんなこと思ってるのは私だけなのかな〜、とトーンを落としています。パズー!

「アバターフライトオブパッセージ」は、あなたとリンクしたアバターがそのパンドラに住む翼竜マウンテンバンシーの背にまたがって、パンドラの森や海や川などの美しい景色の中を自由自在に飛び回ると言う、すごくて画期的なアトラクションです。

本当にパンドラの景色を中を飛んでいるような爽快でファンタジックな気分に浸れます。

人類史上最高峰のアトラクションと行っても過言ではありません

ふはは。

も〜(も〜と言えば牛だね)これに乗るためだけにフロリダへ行ってもよし!と太鼓判をバンバン押しちゃいたくなるすごい乗り物です。

アバターフライトオブパッセージQ&A

色とりどりの花が咲いているヴァレーオブモアラ
ヴァレーオブモアラには色とりどりの花が咲いている

Q :アバターを観てなくても楽しめますか?

A :はい、十分楽しめます。うちの息子たちも2009年に公開された映画は観ていませんが、このアトラクションには驚愕していました。

Q :子供の身長や年齢に制限はありますか?

A :112cm以下の子供は乗れません。それから7歳以下の子供は14歳以上の同伴が必要です。

Q :激しく揺れたり動いたりしますか?

A :アバターフライトオブパッセージは小型スクーターのような乗り物に(バンシーです!)またがって乗るアトラクションですが、乗り物自体は走ったり落っこちたりしません。ただ映像に合わせて上下左右に傾いたり揺れたりしますので、ゲストは猛スピードで動いているような錯覚を感じます。

Q :乗り物酔いで気持ち悪くなりますか?

A :人によっては乗り物酔いの状態になります。ただ他のアトラクションと比べて程度は軽いと言う感想は多いです。私も初日に「ミッションスペース」に乗った後遺症(?)で、ちょっとしたことでも酔いを感じていたので、このアトラクションでも少しだけ酔いました。でもそんなことどうでもいいと思えるくらい内容を楽しめました。

Q :ファストパスは取れますか?

A :前日や当日ではファストパスを取ることはできません(稀にポーンとキャンセルが出ることもあるようですが)。ディズニー直営ホテルの宿泊特典で60日前のファストパス・プラス取得を目指してください。

A :このアトラクションが完成したのはいつですか?

Q :2917年5月27日です

A :人気が沈静化して待たずに乗れるのはいつ頃ですか?

Q :ディズニーパークはフロリダのほか、カリフォルニア、パリ、上海、香港、そして東京にありますがアバターのアトラクションがあるのは、世界でフロリダだけです。これだけスケールの大きなアトラクションはおそらく今後も他のパークではつくれないのではないでしょうか?少なくと2020年3月現在、アバターのアトラクションが他のパークで作られると言う予定はありません。

世界でフロリダにしかないアトラクションなので、今後も人気が沈静化することは考えにくいと思います。

ファストパス取得方法

ウォルトディズニー公式サイトより引用
ウォルトディズニー公式サイトより引用

「アバターフライトオブパッセージ」はオーランドのウォルトディズニーワールドで最も混雑するアトラクションです。行列に並ぶのが嫌いなアメリカ人でも日中は3時間以上の待ち時間になることがあります。

一方、ファストパスですが、3日前では取得することができません。

ウォルトディズニーワールドでは直営ホテル予約者は60日前から、チケット購入者は30日前からファストパスを取得できます。

ウォルトディズニー公式サイトより引用
ウォルトディズニー公式サイトより引用

ですからアタバーのファストパスを取得するためには、ディズニー直営ホテルまたは公認・提携ホテルの予約をして認識番号をゲットする必要があります。

そして認識番号があれば公式サイトか公式サプリでアカウントを作ってファストパスを取得できます。

60日前でも出遅れてしまうとに取得できない可能性があります。

あなたが直営ホテルを予約したら60日前になった瞬間に速攻でファストパスを取りましょう。

それからファストパスは稀にキャンセルが出ることがあります。我が家が「フライトオブパッセージではなく「ナヴィリバージャーニー」の方でしたが、突然出てキャンセルを見つけて前日にファストパスをとることができました。

キャンセルはいつ出るかわからないので、こまめに公式サイト、アプリをチェックすることをお勧めします。

WDWファストパス取得方法はこの記事を参照↓

ファストパスが取れなかった人の攻略法

フローティングマウンテン
フローティングマウンテン

アバターのファストパスが取れなくても落胆する必要はありません。

我が家もファストパスなしで臨んで実質40分待ちで乗ることができました。今からその方法を説明しましょう。

まず我が家はオーランドに到着した翌日にディズニースプリングスにある、ゲストリレーションセンターへ行きました。

ディズニースプリングスの入場は無料です。

目的はスターウォーズ・ライズオブザレジスタンスのバーチャルQ取得方法を聞くことと、アバターのファストパスが取れなかった場合、何時ころが一番待ち時間が短いのか、聞くことでした。

もう一つの理由は我が家が15年前に購入したパークホッパー付き10券を、認識番号付き磁気カードに変更してもらうことでした。我が家が購入した時はまだ紙のカードで認識番号もありませんでした。

そこでスタッフにアバターの待ち時間が空いていそうな時間帯を聞いたら、朝一番かパーク閉園間際だと教えてくれました。

実際、我が家はアバターがあるアニマルキングダムの開園時刻午前9時より30分早くパークに到着、手荷物検査と指紋認証を済ませパークに入園しました。

WDWではエキストラマジックアワーの日を除き、正式な開園時間より30分程度(ハリウッドスタジオは1時間)早く入園させてもらえることが一般化しています。

正式な入園時刻より早く入園し、目的のアトラクション前で正式入園時刻(アトラクションがスタートする時刻)を待つことはWDW上級者の間で

「ロープドロップ」

と呼ばれています。

ロープドロップは混雑するアトラクションにファストパスなしで楽々乗れる知られざる裏技です。

アバターフライトオブパッセージでもこの裏ざわを使い、正式開園時刻前に入園しアバターの入り口を目指しました。

ところが

この裏ざわを試そうとするゲストはかなりの人数いるので、我が家のように正式開園時刻30分前の入園ではちょっとお遅かったと思います。すでにアフリカエリアの方までロープドロップ狙いのゲストで長い長い行列ができていました、あちゃぁ〜。

それでも入園してから40分くらいで乗れたので、この方法は使えると思います。もっと早く入園していればもっと早く、それこそ入り口のロープ前で正式オープンを待つことができるのでこれぞ正真正銘ロープドロップになったわけです、ふは!

ロープドロップで待ち時間を短くできるカラクリは、自分の前に並んでいるゲストが少ない、ということですがもう一つの理由はファストパス保有者が来ない、ということもあると思います。

アバターのファストパスを持っているゲストは9時から10時に間というのが第一グループです。でも、どうでしょう、ファストパスを持っているのに早起きしてわざわざ朝一番(正式な開園時刻)にやってくるでしょうか?

私が見たところ9時半くらいからぼちぼちファストパスの人が入っていたので、最初の30分くらいはファストパスがいない状態ということです。

なのでスタンバイで並んでいうゲストはファストパス保有者を待つことなく、その人たちを入れるためのの中断もなく、スイスイ入場できるのでは早いのだと思います。

これ10時から11時のfastおパスだとどの時間にも満遍なくパス保有者がやってきます、この時間帯のスタンバイに並んでいる人は度々パス保有者のために列の信仰が中断されるので待ち時間が長くなるのです。そして待ち時間が長引くので行列もどんどん長くなります。あひゃぁ〜。

一方パーク閉園間際も列が短くて狙い目だとスタッフに教えてもらいました。今回は朝市を試したので、閉園間際狙いがどれくらい有効かはわかりませんがパークのスタッフがいうっくらいですから試してみる価値はあると思います。

ただしあんまり閉園間際すぎると「もう「並ばないでください」と言われてしまうかもしれません。そして閉園間際なのでその日はもうアバターに乗ることができなし。そしてそれがアニマルキングダム にいく最後の予定日だったら(ほとんどの人はオーランド滞在中1回しか行かないと思います)アバタんーに乗れるチャンスを失ってしまいます。

それからシステムトラブルバドがあった日は夕方以降は大変混み合いますので、やがり閉園間際狙いは難しいかもしれません。

体験記

パンドラのフローティングマウンテン
パンドラのフローティングマウンテン

それでは我が家がアバターフライトオブパッセーに乗った時の体験記を紹介します。

アバターは日中は3時間待ちが常態化している超人気アトラクションですが、朝一番なら40分程度の待ち時間で乗れるということで、早起きしていきます、それ ヒヤーウィーゴー!

我が家が滞在してるコンドミニアム「ウェストゲートタウンリゾート」を午前8時過ぎに出発し、10分ほどでアバターがあるアニマルキングダム の駐車場に着きました。移動手段はレンタカーです。パークの駐車場は以前は無料だったのですが現在は1日25ドルします、ひえぇ〜。

これだったらウーバーを利用した方が安いですね(ウェストゲートから往復でおよそ16ドル)。

アニマルキングダムの駐車場
アニマルキングダムの駐車場

駐車場に車を止めます。WDWの駐車場はどのパークもとても広いので自分がどこ車を止めたかしっかり覚えておきましょう。我が家が駐車したのは「DINOSAUR 34」の列です。

WDW駐車場利用方法はこの記事を参照↓

駐車場を移動するミニトトレイン
駐車場を移動するミニトトレイン

駐車場を移動するミニトレインに乗って正面ゲートへ行きます。

ミニトレインに乗車するゲスト
ミニトレインに乗車するゲスト

ミニトレインは無料ですが、入り口に近い場所に車を止めれたので、歩いた方が早かったかな。

アニマルキングダムの正面ゲート

アニマルキングダムの正面ゲート。

マルキングダム

ゲートを入ったところ。この日のパーク正式開園時刻は午前9時です。

我が家は午前8時10分過ぎに駐車場に到着。ミニトレインで正面ゲートに来て、手荷物検査と指紋認証などを行なってパーク内に入園したのは午前8時28分でした。

WDWでは直営ホテル宿泊者ではない一般のゲストでも、どのパークも正式開園時刻より1時間〜30分くらい早く入園できます(エキストラマジックアワーの日は別)。ですから早めに到着するようにしましょう。

正面にツリーオブライフが見える

正面ゲートから入園してまっすぐ進むとアニマルキングダム のシンボル「ツリーオブライフ」が見えてきます。

パンドラエリアの入り口

ツリーオブライフ前の広場を左に進み、さらに最初の分かれ道を左に進むとアバターがあるパンドラエリアに入ります。開園前のこの時間はほとんどのゲストがアバターのロープドロップ狙いですから、人の流れについていけば大丈夫です。

パンドラエリア

しばらく進むとパンドラの植物が見えてきました。

正面にパンドラの象徴であるフローティングマウンテンも見えてきました。ゲストたちの口から「ワオー」とか「あひゃー」とか歓声が上がります。

パンドラの植物

でもそれもつかの間、右のほうへ進み離れてしました。ああ〜。でもみたこともない植物がたくさんあって綺麗です。

アフリカエリアの入り口

パンドラエリアからどんどん離れてついにアフリカエリアまで来てしまいました。

キューラインのおり返し地点

アフリカエリアの街ハランベの入り口で折り返し、ここからまたパンドラに向かって進みます、ほっほっほ。

フローティングマウンテン

しばらく進むと再度フローティングマウンテンが見えてきました。

パンドラのめずらしい植物

足元の植栽も凝りまくってますよ、やる〜。

フローティングマウンテンの植物たち

フローティングマウンテンの植物たち。

パンドラの樹木についている菌糸類かな。

フローティングマウンテンの下をくぐって入場ゲートへ進む

フローティングマウンテンの下をくぐって入場ゲートへ進みます。

入場ゲート

ここがアバターの入場ゲートです。左がスタンバイ、右はシングルライドの入り口です。ファストパスは午前9時からなので、この時間帯はまだ誰もいません。

ヴァレーオブモアラの美しい眺め

ヴァレーオブモアラの美しい眺め。画面左手中央より少し上に人が写っているのが見えますか?

ここはとんでもない大きさです。まだアトラクションは始まっていないのに、これだけ凝った造形を作るなんてディズニーの情熱はすごいですね。アバターにかける熱い思いが伝わってきます。

そして涙が出るほど美しい景色です。

ヴァレーオブモアラ

ヴァレーオブモアラの中を行列は進みます。

並んでいることが苦にならない、素晴らしい景観です。

ファストパスを取ってしまうとこの辺りはすっ飛ばして進むのでもったいない気がしますね。

待ち列はヴァレーオブモアラの中を散策するように進みながら少しずつ登っていきます。滝もあります。まるで本当にパンドラの自然の中をトレッキングしているような気分です。

待ち列に並んでいること自体が一つのアトラクションのように楽しめます、も〜(も〜と言えば牛だね)感謝感激!

洞窟の中

やがて洞窟の中へ入ります。洞窟の壁には光を放つ蛍光植物が自生しています。

マウンテンバンシーの解説

洞窟を抜けると研究所になります。パンドラに住む翼竜マウンテンバンシーの解説図があります。

研究所内部の様子。

溶液につかるアバター

おお〜〜アバターだ!

映画で観たやつと一緒、しかも溶液の中で時々動きます、すげー!

映画でもこのアトラクションでも、人間はナィヴィ族のアバターの身体にリンクしてバンシーに乗ります。これを見るだけでも価値があります。というかファストパスだとここもスルーしてしまうので、もったいない気がしますね。

我が家が体験した朝一番の時間帯では待ち列がスルスル動くので、ここもあっという間に通過してしまいました、あひゃー。もっとジリジリ進んだり立ち止まったりしても全然構わなかったのですが。

待ち列がひょいひょい進むことに遺憾の意を表明したくなるなんてなってこったぁ〜!

ナヴィ族とバンシーの壁画

ナヴィ族とバンシーの壁画。ナヴィ族は地球人類の倍くらいの身長があります。壁画に並ぶとよくわかるのですが、とにかく待ち列がスイスイ進むのでゆっくり見学していられません、オーマイガー!

誰がどのアバターとリンクするか、どこをフライトするか、などの説明があります。

そしてついにプレショーの手前までやってきました。もー心臓がドキドキでじっとしてられません、うぐぐ。右の列はシングルライダーです。

リンクチェンバー

呼び出しがかかり我が家の順番になりました、おお〜。プレショーが行われるのは、研究室の中でも重要な「リンクチェンバー」というメインルームです。ゲストは1人ずつ指示された数字の上に立つように誘導されます。

そして床に表示されている番号と同じ数字のアバターにリンクします。カメラに向かって大きく手を振ったりダンスしたり笑ったりすると早くリンクが完了しますよ、うは!

ロッカー

荷物は背面のロッカーに収納します。かなりの大きさなのでお土産袋を持っていても大丈夫です。眼鏡やサングラス、帽子なども入れておきましょう。

リンクシートにまたがる

そして自分の番号のリンクシートにまたがり3Dメガネをかけてアトラクションが始まります。

シートにまたがると背中に安全バーがビヨーンと上がってきます。

ここから先はネタバレになるので紹介しませんが、とにかくパンドラの雄大な自然の中を自由自在に飛び回る夢のような体験ができます。他のバンシーの後ろを飛ぶことで一体感を強めるというナヴィ族の文化にも触れることができます。

このアトラクションをより楽しむポイントは、リンクシートにまたがった時、なるべく

前のめりの姿勢

になることです。その方がより臨場感が高まりますよ、ただし酔いやすい人はきをつけてね。

ギフトショップで買い物をするゲストたち

アトラクションの後にあるアバターのギフトショップ「ウォンドトレーダー」。

ギフトショップの出口付近には、パワードスーツ型のロボット兵器AMPや人間がナヴィ族と戦った時の遺品などが展示されています。

アバターのもう一つのアトラクション「ナヴィリバージャーニー」体験記

次にパンドラエリアにあるアバターのもう一つのアトラクション「ナヴィリバージャーニー」の体験記を紹介します。

ナビリバージャーニーはパンドラの洞窟の中を流れるナヴィ川をボートに乗って進むライド型アトラクションです。洞窟内部は発光植物や発行動物が生息していてとても幻想的な雰囲気です。

フライトオブパッセージほどスケールは大きくありませんが、世界のどのディズニーにもない希少なアトラクションなので人気があります。

待ち時間の目安は日中で1時間半から2時間くらい。朝一番は空いてますが、早起きしてフライトオブパッセージとどちらに並ぶかと言われればフライトオブパッセージの方なので、こちらに空いている時間帯に並ぶのは難しいでしょう。

公式アプリのファストパスの画面
上から2番目がナヴィリバージャーニーのファストパス。公式アプリの画面より引用。

我が家は奇跡的にファストパスのキャンセルが取れたので並ばずに入場できました。

ナヴィ族のお面

ナヴィ族のお面。

ナヴィリバージャーニーの入り口。

ボート乗り場

ボート乗り場の手前の様子。

ボートに乗るゲストたち

グループごとにボートの乗り込みます。ボートは前後2列で最大8人まで乗れます。

ナヴィ族のシャーマンの演奏

ナヴィ族のシャーマンの演奏。

ファストパスをどうしよーか?

アニマルキングダムでは同じグループのファストパスを同日に取得することはできません、あちゃー!

つまりアバターフライトオブパッセージとナヴィリバージャーニーのファストパスを同じに取得することはできないということです。これに対処する方法は以下の3通り。それをこれからちょこっと解説しましょう、ふむふむ。

1.どちらかに乗った後にもう片方のファストパスを取る

同日に取得できないと言っても、ファストパスを使い終わったら、同じグループのアトラクションでも取ることは問題ありません。つまりフライトオブパッセージのファストパスをつかてアトラクションを楽しんだ後、ナビリバーのファストパスを取る、という方法です。

しかし現実は甘くない!

フライトオブパッセージもナヴィリバーも当日にファストパスがあることはまずあり得ません。よっぽど運がよければたまたま出たキャンセルに出会えるかもしれませんが、、

2.アニマルキングダム に2日いく

同日に同グループのファストパスを取れないなら、2日に分けて行けばいい、という戦略。まあたしかにこの方法なら2つのアトラクションに並ばずに2つとも乗ることができます。

でもそれはアニマルキングダムに2日費やせるスケジュールに余裕がある人だけができる大技です。それに仮にパークホッパーで違うパークを回ろうとしても、同じ日に違うパークのファストパスは取れない、という問題にぶつかります。

まあそれでもいいという人には良い作戦かもしれません。

3.スタンバイで臨む

フライトオブパッセージにはファストパスは取らないでスタンバイで臨むという方法です。体験記のところでも紹介しましたがフライトオブパッセージは待ち列も大変素晴らしいアトラクションです。ファストパスを取得すると、この待ち列をスルーしてしまうので、それはもったいない。

並んでいる時間を楽しめるアトラクションなのでできればファストパスを使わずに並んで欲しいと思います。その時我が家のように朝一番で入園すれば1時間以下の待ち時間で乗ることができますよ。

そしてナヴィリバーの方をファストパスで対応したらいいと思います。

次に読むのにおすすめの記事↓

終わりに

アバターフライトオブパッセージはフロリダでしか体験できない人類史上最高峰のアトラクションです。ぜひフロリダへ行ったら体験してください。というかこれを体験するためにフロリダ・オーランドへ行って下さい。

フライトオブパッセージのファストパスは直営ほいるに宿泊予約を入れて60日前でないと取得するのが難しいです。でもファストパスを取ってしまうと、素晴らしい待ち列を楽しめないので、ファストパスは同じエリアにあるナヴィリバージャーニーで使いましょう。

このブログ記事があなたのオーランド旅行の参考になったらとっても嬉しです。

それではまたお会いしましょう、笑顔あふれる良いご旅行を!

このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして熱い応援ヨロシクお願いします(^^)→それ行け!子連れ海外旅行:https://kidsvacation.net/