日本人最速「グループ2」をゲットした【WDWスターウォーズ最新アトラクション】ライズ・オブ・ザ・レジスタンス完全攻略法2020

2020年3月1日

映画スターウォーズの世界を体感できるライド型アトラクション「スターウォーズライズオブザレジスタンス」の体験記と攻略法を説明します。

我が家がバーチャルQボーディンググループ2で搭乗したスターウォーズライズオブザレジスタンス
我が家がバーチャルQボーディンググループ2で搭乗したスターウォーズライズオブザレジスタンス

💓ども、ワッツアップ、WDW歴25年、オーランドの達人イルカパパです。

WDWハリウッドスタジオの大人気最新アトラクション「スターウォーズ・ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」を体験してきました!

これまでのアトラクションの常識を覆すスケールの大きさと、映画の世界に入り込む没頭感がハンパない、まさに世界最高峰のアトラクションです。

ウユニ湖やンゴロンゴロ、モンサンミッシェル、ナミブ砂漠、など世界には人生を変えるような絶景がありますが、このアトラクションに乗ることはそれらを見に行くのに匹敵する素晴らしい体験だと思います。

今回のブログではこのアトラクションの攻略法を紹介します。いや攻略法というより「確実にアトラクションに乗る方法」と言った方がいいですね。

わかりやすく説明するのでしっかり最後まで読んでね、フォースと共に、ヒアーウィーゴー!

スターウォーズ・ライズ・オブ・ザ・レジスタンス

ディズニーハリウッドスタジオのスターウォーズエリアを歩くチューバッカやレイたち
ディズニーハリウッドスタジオのスターウォーズエリアを歩くチューバッカたち

「スターウォーズ・ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は2019年12月5日に、フロリダ・オーランドにあるウォルトディズニーワールド内ディズニーハリウッドスタジオにオープンしたアトラクションです。

🐬カリフォルニア・ディズニーパークのライズオブザレジスタンスも2020年1月17日にオープンしました。

このアトラクションは当面ファストパスには対応しません。

かと言って入り口で並んでいても乗れません、あひゃぁー!「ライズオブザレジスタンス」に乗るためには

バーチャルQボーディングパス

をネットで取得しなければならないのです。

バーチャルQについて

ディズニー公式サイトより

我が家は「ライズオブザレジスタンス」初挑戦でバーチャルQボーディング

グループ2

をゲットできました!わお〜。これは「あなたは本日2番目のグループでライズオブザレジスタンスに乗れますよ」という意味。でも「グループ1」は存在しないので実際は1番先頭です。ですから我が家は

日本人がゲットした最速グループだと思います

では、その手順を説明しますね、ピース!

取得の手順

  1. WDW公式アプリ「My Disney Experience」(マイディズニーエクスペリエンス)をダウンロード
  2. 同行者を同一グループに入れる
  3. ディズニーハリウッドスタジオに入園する
  4. ダウンロード開始時刻にアプリのボタンをタップしてバーチャルQを取得する

手順の解説

なんか文字にして描くと簡単そうに思えますが、実行に移すとこれが結構大変です、うぐぐ。いくつかのハードルが待ち構えています。それを一つ一つ説明していきますよ。

スターウォーズギャラクシーエッジにあるファルコン号

1.アプリのダウンロード

まず公式アプリのダウンロードですが

簡単には出来ません!

あちゃぁ〜!

アプリをダウンロードする前にスマホの「設定」を日本からアメリカへ変更しないといけません(設定>一般>地域と言語)。詳しくは別の記事で説明しますが、変更するにはアメリカの住所や電話番号の入力が必要になります。さらにホテルや友人の住所でそれが出来ても、もしあなたがスマホでアップルミュージック聴き放題や漫画読み放題、バナナ占いやり放題(そんなのあるのかー!)のような定額制サービスを楽しんでいる場合は、それをやめないと「地域の変更」が出来ず、結果的に公式アプリがダウンロード出来ません。バナナ占いにお願いしても答えはノーです、おお〜のぅ〜!

でもそれは気にしないで、この後でそれをクリアする方法を教えるので、ここではバーチャルQを取得する手順を理解してください。

🐬ちなみに我が家は息子たちがサブスクをやってなかったので簡単に地域変更、アプリのダウンロードができました。

2. 同行者を同一グループにする

これはアプリをダウンロードすれば簡単にできます。表示は全て英語ですが簡単な英語で、視覚的にもわかりやすく表示されるなで問題ないと思います。

アプリのダウンロードと同一グループ化は必ずパーク入場前に済ませておいてください。

👦できれば操作に慣れるために日本出発前から準備することをお勧めします。またアプリではアトラクションの混み具合もチェックできるので、どのアトラクションがどの時間帯に混むのか、あるいはどの時間帯は空いているか、傾向を把握し攻略法を計画するのにとっても役立ちます、バナナ占いほどではありませんが。

3.ディズニーハリウッドスタジオに入園する

ハリウッドスタジオのスターウォーズショップにあるレイがレーザーブレードを持つポスター
ハリウッドスタジオのスターウォーズショップ

ディズニーハリウッドスタジオは目指すライズオブザレジスタンスがあるパークです(WDWには4つのテーマパークがあるので間違えないでね)。

スターウォーズでバーチャルQ方式を行なっている間、ハリウッドスタジオは正式オープンの1時間前に開園します。(何時間前に開園するかは変更になる可能性があるので公式ウェブサイトかアプリで事前に確認してください)

なのでそれと同時か早めに入園できるようにパークに向かいましょう、眠いけどね、ぐぐ。

ハリウッドスタジオの詳細はこの記事を参照🐬

4. バーチャルQをゲット

パーク内に入り、正式オープンの時間になったらアプリからバーチャルQの取得ができるので取得ボタンを激しくタップしてください。

アプリを開き「スターウォーズ・ライズオブザレジスタンス」のページに飛んで

「Find Out More]

のボタンをクリックします。

公式アプリの画面
公式アプリの画面より引用

画面が切り替わったら右下にある

「Join Boarding Group」

をクリックします。

公式アプリの画面より引用

クリックできればグループ番号が表示されて取得手続き終了です、お疲れ!

あとはそのグループの順番(この画面の左上に表示されます)になったらアプリに呼び出しが入るのでアトラクションの入り口へ向かうだけです。

この「Join Boarding Group」のボタンはディズニーハリウッドスタジオに入園していないと押せません。

それから大勢の人が同時に一斉にアプリを使用するので、なかなかボタンが押せる状態になりません。その時は何度も試してください。ものすごく焦りますが、ひいぃ〜。

一度アプリをダウンさせ、もう一度立ち上げてからトライした方が繋がりやすいという意見もあります。

バーチャルQに関するQ&A

ハリウッドスタジオを歩くダース・ベイダーとファーストオーダー
ハリウッドスタジオを歩くダース・ベイダー

Q: わざわざパークに行かなくても、当日の朝、ホテルの部屋からアプリを起動してバーチャルQを取れますか?

A :取れません。バーチャルQの取得画面はどこにいても通信環境があれば開けますが「Join Boarding Group」のボタンはパーク内でないと押すことが出来ません。

Q :4人組ですが、眠いので誰か1人だけパークに行ってグループ全員分のQを取得することはできますか?

A :出来ません。一緒にアトラクションに乗る人全員がパーク内に入園している必要があります。

Q :ハリウッドスタジオでは屋外でもディズニーの無料WIFIは使えますか?

A :はい、使えます。ただしものすごい数のゲストが一斉にアプリを起動するのでフリーズすることもあります。自前のポータブルWIFIを持ち込んでアプリを起動した方が、より早いグループのQが取れるという報告もあります。

Q :その日別のパークのファストパスを3つ取得していますが、それでもバーチャルQは取得できますか?それともその日のファストパスはキャンセルしたほうがいいですか?

A :そのままで問題ありません。ファストパスは1日に3つしか取得できませんが、バーチャルQはファストパスとは関係ありません。

Q :パーク開園の何時間前に行けば確実に乗れますか?

A :その日のゲストの数やパークの開園時間によるのではっきりとは言えませんがバーチャルQ取得開始時間の30分前にパーク内に入っていれば確実なところだと思います。私も何人かのスタッフに質問しましたが30分前という答えが一番多かったです。でもせっかく日本から行くので「ギリギリ取れる」時間ではなく「確実に取れる時間」で「絶対とる」という強い気持ちで臨んでほしいと思います、どんなことでも強く願って強気で行動すれば必ず実現します。

Q :どうしても公式アプリをダウンロードできません。アプリなしでバーチャルQを取得する方法はないのですか?

A :安心して下さい、はいてますよ!じゃなくてありますよ!コラー!それを今から説明します。

アプリなしでバーチャルQを取る方法

スターウォーズ専門のゲストエクスピリエンスチーム
スターウォーズ専門のゲストエクスピリエンスチーム

アプリがダウンロードできない人はゲストエクスピリエンスチームのスタッフにお願いしよう。スターウォーズのバーチャルQ取得をサポートしてくれる専門のスタッフが待機しています。

上の写真のような青いパラソルと青いジャンパーが目印(夏はシャツのみ)。

正面ゲートを背にしてまっすぐ進むと通りの左手で、カメラを構えている銅像の手前にゲストエクスピリエンスチームのスタッフが待機しています。

銅像のある花壇を反時計わまりにぐるっと回り込んだところがスタッフにサポートしてもらう列の先頭なので、そこへ行って並びましょう。

パークの正式オープン時間、つまりバーチャルQの取得開始時間になったら、この列の先頭の人から順番にスタッフがバーチャルQのボーディングパスを取ってくれます。我が家は列の先頭から8人目に並んでいましたがスタッフは6人いたのですぐに我が家の番になりました。

そしてスッタフに家族全員分の入場チケット(通常は電子バンド、我が家は10日券なので磁気カードです)を渡したら、手に持っている端末でカードの情報を読み取り手際よくバーチャルQボーディングパスを取得してくれました。

それがグループ2です。

待っている間に息子たちはスマホに入れたアプリで取得しようとしていましたが、全く繋がらずスタッフの方が断然早かったです、おおー。

スッタフが持っている電子端末(多分iPadかな)の方が通信速度が速いのか、ゲストとは別の通信回線を使っているのだと思います。

なので結論を言うと、

バーチャルQはアプリで取るよりスタッフにお願いした方が早い

と言うことです。

サポートの受け方

では具体的にゲストエクスピリエンスチームのところへの行き方を説明します。

ハリウッドスタジオのメインストリート

ハリウッドスタジオ のゲートを背にチャイニーズシアターに向かってまっすぐ進みます。

カメラを構える銅像

すると左手にこの銅像が見えます。この銅像がある花壇を反時計わまりにぐるっと回り込んでください。

スターウォーズ専門のゲストエクスピリエンスチームに質問しるゲストたち

上の写真は銅像の手前、回り込む前のメイン通りに面したところです。ここは目立つので大勢のゲストが立ち止まって質問していました。ですが実際に取得開始時間になるとこちら側ではスタッフはサポートしてくれません。

写真の奥に写っているように花壇を反時計回りに回り込んで列に並んでくださいい。

スターウォーズ専門のゲストエクスピリエンスチームにサポートをお願いするゲストの列

列に並んだらバーチャルQ取得開始時間まで待ちます。

上の写真が待機ラインの先頭。我が家は8人目でした。

我が家は入園時に私の指紋認証がうまくいかず私1人が入場できないため先に入れたママも子供たちも焦って「パパ何やってるのよ!」と罵声を飛ばしてました。でも何回やっても指紋認証がエラーになってしまう。う〜ん困った。その時ゲートのヘルプスタッフがやってきてポータブル端末をかざして解決してくれたんですが、そのせいで家族全員が入場できたのがとっても遅くなってしまったわけです。

それでもこの列にはこれくらい前の方に並べました、ラッキ〜。でも開始時刻が近づくと後ろには300人くらいの列ができていました。

🐬この日のバーチャルQ取得開始時間は午前8時、入園開始時間は午前7時、我が家は6時40分頃入園ゲート前に到着しました

バーチャルQ活用法のヒント

バーチャルQ取得をサポートするサポートスタッフ
バーチャルQ取得をサポートするサポートスタッフ

サポートスタッフは順番を操作できる?

サポートチームのスタッフはある程度、いやかなりの程度、ゲストをどのグループ入れるか操作ができるとのだと私は思います。

我が家が並んでいるだいぶ後に1人で来ている日本人の大学生がいたんですが、英語が苦手なようでスタッフとのやりとりに苦戦していました。それで代わりに通訳してあげました。

するとそのスタッフが「あなたたちは友達?」って聞くので「そうじゃないけど英語が苦手なようなのでサポートした」と言ったら「じゃあ、せっかくだからあなたたちと同じグループにしてあげましょう、あなたたちは何グループ」「あ、グループ2です」「わお!随分早いのね」と言いながらもささっと大学生の電子バンドをスキャンして端末をいじって「はいこれでオッケーよ」と、我が家よりだいぶ後ろに並んでいたのにグループ2にしてくれました、おおーー。

このことから推測するとサポートチームはある程度グループの順番を操作できるのかもしれません。これはアプリをダウンロードしてもグループ化をし忘れている、あるいはグループ化作業ができないゲストのためのサービスだと思います。

そうだとすると、ものすごく早いグループにしてもらうのはあつかましいかもしれませんが、お昼前くらいに乗れるグループとか、午後の早い時間に乗れるグループ、くらいのリクエストなら聞いてもらえる可能性が高いと思います。

別の記事で「WDWを2日でまわるモデルプラン」を紹介していますが、「ライズオブザレジスタンス」の入場時間を事前にコントロールできたら、他のアトラクションのファストパスも取りやすくなるし、効率的にアトラクションに乗る順番を計画しやすくなります。

以上のことからスッタフにサポートをお願いするときは希望の時間をぜひリクエストしてみてください。

パーク入園時間が影響している?

開園前のハリウッドスタジオに並ぶ大勢のゲストたち
開園前のハリウッドスタジオの様子

これもこの一連の動きの中でわかったことですが、前述の大学生と我が家はほぼ同じ時間にハリウッドスタジオに入園していることが、その後の会話で判明しました。

我が家は事前にディズニースプリングスのゲストセンターでバーチャルQ取得方法を聞いていたので、すぐにこのスタッフチームの列に並びましたが、彼は入園後どうしたらいいかわからず結構うろうろしていたそうです。それで列に並ぶのがだいぶ遅れてしまったと。

ここで私の第2の推測ですが、パークに入場するときはゲートのセンサーに磁気カードか電子リストバンドをかざしさらに指紋認証を行います。そして磁気カード・リストバンドはアプリとマッチングしています。これによってディズニー側は、「誰々は何時に入園している」と言うことを把握し、その上でバーチャルQの順番を振り分けているのではないかと言うことです。

と言うことは早く入園ゲートをくぐった人ほど早い時間帯のバーチャルQが取れるということではないでしょうか。

そうすると早く入場した上で、最前列でチームスタッフに並んでお願いするのが、より早い順番のボーディングパスを取る最適な方法と言うことになります。これはあくまで私の推測ですが、正しいと思います。

スターウォーズエリアにいると早い順番が取れる?

スターウォーズのエリア
スターウォーズのエリア

それからもうひとつ、エビデンスを得たこと。それは我が家は「グループ2」でしたが、一番最初に呼び出されたのは「グループ2からグループ5」でした。これが一番最初の呼び出し。

グループ1はありません。

最初から「グループ2からグループ5」です。

「グループ1」というのを作ってしまうと、例えばそのボーディンググループを取得した人が入場ゲートのそばとかスターウォーズエリアからずっと遠いところにいたら焦りますよね。

「あ、自分はグループ1だから急がなくっちゃ、せっかく取ったのに間に合わなかったら消滅してしまう」って。それで焦って走る。園内のあっちこっちにいるグループ1の人達が焦ってダッシュするのが想像できるので、ディズニー側は「グループ1」を作らないんじゃないかと思います。

我が家も「ああ、グループ2なんだ」と言うことで「すぐダッシュして行かなきゃ!」とまでは焦りませんでした。ところがこれがグループ1だったら喜んでいる間も無く焦って走り出していたと思います。

このことからもう一つの可能性は「遠い場所にいるゲストは早いグループにすると焦るから、スターウォーズの近くにいるゲストに早い順番を分けよう」とするんじゃないかということです。この推測が正しければ、「ライズオブザレジスタンス」の入り口付近に待機して、アプリでバーチャルQを取得したら早いボーディンググループが取れる可能性が高くなるということです。奴ら(ディズニー側)はアプリの位置情報を通じてゲストが園内のどこにいるかを把握しています。

他のアトラクションにも早く乗る方法

それからもう一つのオススメの方法が、アプリでバーチャルQを取るのは「スリンキードッグダッシュ」や「ロックンローラーコースター」のような長い行列ができる人気アトラクションの前で行う、ということです。

これはロープドロップと言う裏技を使う方法。WDW では正式な開園時間前にパーク内に入れてくれます。そこで人気のアトラクションの前(以前はロープが張ってありました)に並ぶと、正式な開園時間と同時にアトラクションに乗ることができます。

この方法は、人気アトラクションにロープドロップでリーチをかけながら、同時にライズオブザレジスタンスのバーチャルQも取得すると言う

一石二鳥の大技です。

これができるのもライズオブザレジスタンスでバーチャルQのシステムを採用しているからであり、そのために通常より早く入園できるからです、うはは。これはかなり大きいと思います。現在の状況では(2020年3月)ボーディンググループで自分の呼び出しがあってから2時間以内に行けばいいことになっているので、仮に早いボーディンググループになっても、ロープドロップで並んだアトラクションを楽しんでからでも十分間に合います。

ただし2時間以内とかそう言う運用上の数字は、今後変更になる可能性があるので公式サイトやアプリで確認してください。

WDW公式サイト:https://disneyworld.disney.go.com

その他の注意点

開園前の駐車場
開園前の駐車場

バックアップボーディンググループ

グループ120までが確実に乗れるグループで、グループ121以降は「バックアップボーディンググループ」になります(この数字は今後変更になる可能性があります)。これは思ったより早めに全員が乗れたのでおまけに乗せてあげます、と言ういわば「補欠」みたいなもの。日本からわざわざ行ってこんなもので喜んでいたらいけません。補欠には補欠の尊さがあるんだ、ってそれは高校球児の話ですから。

しっかり早起きして早く入園し早いグループのボーディングパスをゲットしてください。

システムダウンのリスク

それからアトラクションがシステムダウンするとその間アトラクションに乗ることができなくなります。そして復旧に時間がかかって後ろの方のボーディンググループは乗れない可能性が出てきます。

システムダウンなんてTDLではあまり起きないかもしれませんが、フロリダでは頻繁に発生します。

それを考えても早めのグループを取ることに執着しましょう。

パークへの早朝の移動手段

ディズニー無料バスは直営ホテル〜ハリウッドスタジオ間をオフィシャルのオープン時刻より1時間前から動き始めます。

でもそれでも心配な人はウーバーを利用してバスより早く到着しましょう。ゲート前に到着しても厳しい荷物検査と指紋認証があるので、実際に入園するまでに30分くらいかかります。

実際の我が家のアトラクション体験

それでは我が家のライズオブザレジスタンス体験記を紹介します。

ネタバレにはならないようにしてますが、行くことが決まってる人はできたら後半部分は見ないほうがいいです。ユーチューブなどでもアトラクションの様子がアップされていますが、それも見ないほうがいい!

なんの予備知識もなしで行った方が楽しめると思います。

早朝のハリウッドスタジオの駐車場
早朝のハリウッドスタジオの駐車場。この時期、日中の気温は30度を超えますが朝はまだ寒い!

この日のハリウッドスタジオの正式開園時刻は午前8時。でも前日までは午前7時開園だったので、知らないで早朝から押し寄せるゲストや、間違って早く開園ちゃうスタッフがいるかもしれないので、すこし早めに行動開始。

午前6時に起床してコンドミニアムで朝食を食べ、レンタカーでハリウッドスタジオに向かいました。ハリウッドスタジオの駐車場に到着したのは午前6時40分

我が家が滞在してるウェストゲートタウンリゾートからハリウッドスタジオまで車で7分です、うひー。

駐車場の案内板
駐車場の案内板

ハリウッドスタジオの駐車場はとても広いのでどこに車を止めたか確認しておきましょう。我が家はミッキーマウスの302-304エリアでした。

ハリウッドスタジオの入園ゲート
ハリウッドスタジオの入園ゲート

手荷物検査を終えて入場ゲート前に到着。この時点で午前6時50分。まだ入場はできないようです。

入園ゲートへ向かう大勢のゲストたち
ゲートが開いた

午前7時ちょうどに入場ゲートが開きました。大勢のゲストが興奮しながら前へ進めます。

入園したらスターウォーズ専門のゲストエクスピリエンスチームの列に並びます。

入園ゲートへ向かう大勢のゲストたち
入園ゲートへ向かう大勢のゲストたち

サポートスタッフに取ってもらったボーディングパスはグループ2。

しかももう(もうと言えば牛だね)乗れるようです。急いでスターウォーズのあるギャラクシーズエッジに向かわなくちゃ、あひゃー。

スターウォーズ ・ライズオブザレジスタンスの入り口

スターウォーズ ・ライズオブザレジスタンスの入り口に到着。この入り口からは想像できないほど中は広いゾ。

プレショーのコーナー
指令を説明するレイ

プレショーのコーナー。

ここでレイからの指令を受けゲストはレジスタン軍のメンバーとなってファーストオーダーと戦います、わおー。

レジスタンス軍の宇宙船に乗り込む

宇宙船に乗り込みますよ!

もう(もうといえば牛だね)〜ゲストの皆さんの興奮がすごい!って私達もですが。

宇宙船内部、あひゃぁ〜!

誰も話なんて聞いちゃねー、スマホで写真、ビデオ撮りまくり。

おいおい、この宇宙船、本当に動いているぞ!

やばい!ファーストオーダーに捕まってしまいました、写真ばっか撮ってるからだよ!

スターデストロイヤーの内部

スターデストロイヤーに連行されます、うぎゃー。

スターデストロイヤーの内部

でも皆さん写真撮りまくってます。これから捕虜になって尋問されるのに!

キャストは「なりきって」ますのでヘラヘラ笑ってるとしかれます、あちゃー!

たくさんの敵がいます。

牢屋に連行されるゲストたち

そして牢屋に連行される私達。

キャストは本気で怒りますからゲストも緊張し始めます。

そしてグループごとに牢屋に投獄されます。

まだヘラヘラしてると撃たれる、かもしれません、ぐふ。

本当に映画のワンシーンみたいです。

牢屋のドアが開いて中に入れられる私たち。

牢屋の内部。

レジスタン軍が助けにきた

そこへレジスタン軍が助けに乱入!うっひゃー!早く逃げろ!

8人乗りのライドに乗って脱出をはかります。

ここからは見ない方がいいよ。

巨大なロボットの足元をすり抜ける、スリル満点!試してガッテン!

もう映画の中に入った気分です。

ひゃぁ〜!激しい戦闘が始まりました、グフ、すげー迫力!

カイロ・レンがこっちに来る〜、ひゃー、嬉しいけど怖い〜〜!おしっこちびりそう〜。

脱出できるか?

無事帰還しアトラクションは終了

無事帰還できました、パチパチ。

これでこのアトラクションは終了です。

プレショーが始まって大体30分弱くらいでショーかね。むむ。

もう一つのアトラクション「ミレニアムファルコン・スマグラーズ・ラン」体験記

スターウォーズ・ギャラクシーズエッジにあるミレニアムファルコン
スターウォーズ・ギャラクシーズエッジにあるミレニアムファルコン

スターウォーズ・ギャラクシーズエッジには先に紹介した「ライズオブザレジスタンス」の他にもう一つアトラクションがあります。

それが「ミレニアムファルコン・スマグラーズ・ラン」です。

スターウォーズで大活躍する銀座宇宙最高速の宇宙船「ファルコン号」に乗れるだけでなく操作もできちゃうし砲撃もできちゃという、ファンにはたまらない夢のようなアトラクションです。

「ミレニアムファルコン・スマグラーズ・ラン」には2020年2月19日からファストパスが導入されました

スターウォーズギャラクシーエッジの様子
スターウォーズギャラクシーエッジの様子

我が家の時はまだファストパスが導入されていなかったのでスタンバイで並びました。

通常2時間くらいのキューラインができますが「お昼の時間帯は空いちゃのよねー」の法則でランチタイムを狙って行ったら70分待ちでした、うほほほ。

ミレニアムファルコンの副操縦士チューバッカとレイ

ミレニアムファルコンの副操縦士チューバッカとレイが歩いていた。

ミレニアムファルコンの下側
ミレニアムファルコン

キューラインはミレニアムファルコンの下やら横やら、大接近かぶりつき見たい放題の場所を通ります、うひゃぁ〜!スターウォーズファンでなくても失神してしまいそうな距離。ファンはいうまでもなく泡を吹いて放心状態でした。

こんな距離でファルコン号を穴があくほど見れちゃう。しかもディテールの凝り方がすごいから涙が溢れてきます。

調整中の巨大なエンジン

建物の内部にあるエンジン。

上から見たミレニアムファルコン

ミレニアムファルコンを上から見下ろす。

プレショーではボンドーナオカのミッションを聞きます。

それはファーストオーダーから拝借した「特別な貨物」をミレニアムファルコンでレジスタンスへ運ぶというもの。しかもファルコンの操縦も砲撃も機関士も全てゲストが行います、わおー!

船内への入り口
ミレニアムファルコンの操縦席

プレショーが終わったら船内に乗り込みます。

右の写真はミレニアムファルコンの操縦席です。うひゃー、まるでスターウォーズの世界ですね!

このアトラクションは

  • 身長96.52cm以下の子供は乗れません
  • 7歳未満の子供は14歳以上のゲストと同伴でないと乗れません

定員は6名(操縦士2名、砲撃手2名、機関士2名)です。誰がどの役になるかは船内に乗り込む時キャストから指示されてカードを渡されます。

操縦席から見える景色

ゲストの操作によってミッションの進み方が変化します。

前方の画面の動きに合わせて船体も揺れるので酔ってしまう人もいるかもしれません。

それでもスターウォーズ の世界に没入できるとっても楽しいアトラクションでした。

スターウォーズショップ

最後におまけコーナー。

熱烈なスターウォーズファンのために、パーク内スターウォーズショップの様子を写真で紹介しちゃおう、わおー、フォースと共にあれ!

レジスタンス軍の戦闘服とヘルメット

レジスタンス軍の戦闘服とヘルメット。かっこいいー。ライズオブザレジスタンスのTシャツも売っているぞ。

ジェダイの騎士のコスプレ衣装
ローブマント

ジェダイの騎士のコスプレ衣装とローブマント

ポーグのぬいぐるみ

ポーグのぬいぐるみ、キュ〜〜ン!

ショップで売っているライトセーバー

ライトセーバー。

ライトセーバーホルダー

ライトセーバーホルダーみたいなやつ。

謎のキャラクター

ショップのウィンドー。右は名前がわからん、、、

終わりに

「スターウォーズ・ライズオブザレジスタンス」はファストパスに対応していません。かと言って入り口に並んでも入れません。

このアトラクションに乗るためにはバーチャルQでボーディングパスをゲットする必要があります。

もう一度「スターウォーズ・ライズオブザレジスタンス」に乗る方法をまとめると

  • できれば公式アプリをダウンロードする
  • できなくても最低公式サイトにアカウントを作っておく
  • できれば一緒に乗る人をグループ化しておく
  • 正式開園時間の30分〜1時間前にはハリウッドスタジオに入園しておく
  • スターウォーズ専門のエクスピリエンスチームのサポートを受ける列に並ぶ
  • 順番になったらチームのスタッフにバーチャルQを取ってもらう

大変かもしれませんが「絶対楽しむ!」という強い気持ちを持って行動してください。

幸運を祈る!

次に読むのにおすすめの記事↓

このブログ記事があなたのオーランド旅行の参考になったらとっても嬉しです。

それではまたお会いしましょう、笑顔あふれる良いご旅行を!

このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして熱い応援ヨロシクお願いします👍→それ行け!子連れ海外旅行:https://kidsvacation.net/