【中学校の部活を辞める時】退部届け・退部願いの書き方と例文

2020年9月7日

女子バスケットボール部の円陣

😊こんにちは、イルカパパです。

東京の公立中学校でPTA会長を4年、学校運営協議会会長を3年しています。ついでに言うとバスケットボール部とダンス部の外部顧問もしています。

この記事でわかること

  • 退部願い・届けの提出方法
  • 退部願い・届けの書き方と例文
  • 保護者が退部願い・届けを書くケースと例文

今日は中学校の部活を辞める時に提出する「退部願い・退部届け」の書き方と例文を紹介します。

退部届けの提出

長男も次男もサッカーの全国大会に出場しました

部活を辞めるときは、いきなり退部願い、退部届け、を提出するのではなく、子供が直接

顧問の先生に相談する

という形をとるのがベストです。

相談して納得してもらったうえで、形式的に退部届けを書くのか、直接聞いたから退部届けはいらないということになるのかはケースバイケースです。

部活を辞めると言ったら顧問の先生に逆ギレされたり、いやがらせをされた、辞めさせてもらえない、という事例もあります。

しかし学校の部活は強制ではありませんので、辞めるも続けるも子供達の自由です。

相談しても顧問の先生にどうしても受け入れてもらえないときは、仕方ないので退部届けを書いて渡します。(クラス担任や学年主任の先生に相談してもいいです)

退部届けは便せんや生徒手帳の自由欄に書くのでかまわないと思います。

できれば「退部届け」より「退部願い」のほうがカドが立ちにくいですね。

印鑑は実印ではなく三文印で大丈夫です。

退部届け・願いの内容と書き方の例

退部届け/退部願い


○年○月○日
 

○○部顧問
○○ 先生
 

学校名及び学年・学級氏名  印 

私は、以下の理由で、○○部を退部したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

<理由> 

  • 練習による疲れで体調不良になることが多い
  • 授業や家庭での勉強に集中できない
  • どうしても他のメンバーと仲良くやっていけない
  • 受験に備えて、学業に専念したい

理由として「一身上の都合による」という書き方もありますが、中学や高校の部活だったら、学業に専念したいと書いた方が差し障りないでしょう。

それから「親も部活を辞めることを了解してくれている」との旨を書き添えると尚良いです。さらにできれば「今までお世話になりました」と感謝の気持ちも添えたいですね。

保護者が書く退部届けのポイント

学校によっては、保護者に退部届け書かせるところもあります。

親としていろいろな意見や考えがあると思います。

しかし「顧問の指導法が悪い」とか「うちの子が差別されている」「失望した」などとマイナスなことを書くのは、たとえそれが事実だったとしても、今後のことを考えると好ましくありません。

顧問や部活に関する不満は、学校の管理職やPTA会長、学校運営協議会メンバーに相談するといいでしょう。

保護者の退部届けの書き方の注意点、ポイントは

  • 残るよう説得したが子供の意志は堅い
  • 今までお世話になって感謝している
  • 今後とも活躍を祈っている

というようなことを織り交ぜることです。

保護者の退部届けの例文

我が子○○の意志は堅く、話し合った末退部を認めるとにしました。

今まで親身にご指導いただきありがとうございました。

~~部のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

保護者・生徒氏名

終わりに

🤗「中学校の部活で退部届け・退部願いの書き方と例文」はこれでおしまいです。最後まで読んでいただきありがとうございます。このブログ記事があなたのPTA活動の参考になったらとっても嬉しいです。

次に読むのにおすすめの記事🐬

それではまたどこかでお会いしましょう!

👍このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして応援ヨロシクお願いします↓