【沖縄・那覇・慶良間諸島旅行1日目】那覇の海鮮市場でまぐろを食べた編

2021年11月29日

那覇のメインストリート国際通り
那覇のメインストリート国際通り

🤗こんにちは、めいびじょん(イルカパパ)です!

コロナ禍の緊急事態宣言発令下で、沖縄では観光客が激減。そのため那覇でも慶良間諸島などの離島でも、ホテル料金がありえないくらい激安になっちゃってました!

普段行列ができる人気の飲食店も、予約が殺到する観光地の人気オプショナルツアーもがら空き!

苦境に喘ぐ旅行関係者、ホテル、飲食店を助けなければ!

と思い立ち、沖縄・那覇・慶良間諸島へ向かいました。

今日のブログでは旅行初日の那覇の様子を紹介します。このブログがあなたの沖縄・慶良間諸島旅行の参考になればとっても嬉しいです。それでは〜夢と冒険の旅へ〜〜ヒアウィーゴー!

沖縄旅行のスケジュール

那覇空港に到着
那覇空港に到着

日程

1日目

  • 羽田発ANA471便
  • 那覇空港到着後、バスてホテルへ移動
  • かりゆしアーバンリゾートホテルにチェックイン
  • 港をランニング
  • 鮮魚市場見学
  • 市場で買った刺身と寿司を食べる
  • ホテルでのんびり
  • 国際通りを散策
  • 沖縄そばを食べる
  • かりゆしアーバンリゾートホテル泊

2日目

  • 高速フェリーで慶良間諸島の座間味(ざまみ)島へ移動
  • 9時50分座間味港に到着
  • 無人島渡し船で嘉比(がひ)島へ
  • 嘉比島でシュノーケリング
  • 座間味港に戻りボートシュノーケリングツアーに参加
  • 伊釈加釈(いじゃかじゃ)島でボートシュノーケル
  • 座間味港に戻り港からホテル送迎バスでホテルに移動しチェックイン
  • チシ展望台、ユヒナの浜へランニング
  • ホテルの夕食
  • ケラマビーチホテル泊

3日目

  • ホテルで朝食
  • ホテル送迎バスで座間味港へ
  • 座間味港から無人島渡しで安室(あむろ)島へ移動
  • 午前中、安室島でシュノーケリング
  • 座間味港に戻り港からホテル送迎バスで古座間味ビーチへ
  • 古座間味ビーチの南にある無人ビーチでシュノーケリング
  • 古座間味ビーチからホテル送迎バスで座間味港へ
  • 座間味港から定期船で阿嘉(あか)島へ移動
  • 阿嘉島到着後徒歩でヒズシビーチへ
  • ヒズシビーチでシュノーケリング
  • 徒歩で阿嘉港に戻る
  • 阿嘉港から定期船で座間味港へ移動
  • 座間味港からホテル送迎バスでホテルに移動
  • ケラマビーチホテル泊

4日目

  • 朝食後、唐馬の浜まで往復ランニング
  • ホテル送迎バスで座間味港へ移動
  • 無人島渡しで安慶名敷(あげなしく)島へ移動
  • 安慶名敷(あげなしく)島でシュノーケリング
  • 座間味港に戻り港の定食屋で遅いランチ
  • 17時発の高速フェリーで那覇へ移動
  • かりゆしアーバンリゾートホテルにチェックイン
  • かりゆしアーバンリゾートホテル泊

5日目

  • ホテルの朝食ビュッフェ
  • 高速フェリーで渡嘉敷(とかしき)島へ渡る
  • 渡嘉敷港からバスで阿波連ビーチへ移動
  • 阿波連ビーチでカヤック&シュノーケリングを楽しむ
  • 阿波連ビーチから徒歩でとかくしビーチへ移動
  • とかくしビーチでシュノーケリング
  • とかくしビーチから徒歩で渡嘉敷港へ移動
  • 16時発のフェリーで那覇へ戻る
  • かりゆしアーバンリゾートホテル泊

6日目

  • 那覇市内をランニング
  • ランニング後シャワーを浴びてホテルで朝食ビュッフェ
  • チェックアウトして10時35分発のバスで那覇空港へ移動
  • 15時50分羽田空港に到着
  • リムジンバスへ自宅に戻る

2021年7月11日〜16日(5泊6日)

沖縄旅行で泊まったホテルをサクッと紹介します

かりゆしアーバンリゾートホテル那覇チェックインカウンター。親切かつ迅速に対応してくれました
かりゆしアーバンリゾートホテル那覇チェックインカウンター。親切かつ迅速に対応してくれました

今回の沖縄旅行では2つのホテルに泊まりました。

  1. 沖縄本島:「かりゆしアーバンリゾート那覇」
  2. 座間味島:ケラマビーチホテル

色々なホテル予約サイトを見比べましたが、かりゆしアーバンリゾートは「ホテルズドットコム」、ケラマビーチホテルは「近畿日本ツーリスト」が同条件で一番安かったです。

那覇のホテル「かりゆしアーバンリゾート那覇」

慶良間諸島など離島へのフェリーが発着する泊港に面したローケーションにあることが、このホテルに決めた一番の理由。那覇空港からは直通路線バスあり。ドンキホーテ国際通り店まで徒歩15分。

大浴場もあるけど緊急事態宣言中でクローズ、うひゃー!

かりゆしアーバンリゾート那覇の基本データ

  • 住所:〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目25−1
  • 電話:098-860-2111
  • 公式サイト:https://kariyushi-urban.jp

かりゆしアーバンリゾート那覇の地図

座間味島のホテル「ケラマビーチホテル」

ケラマビーチホテルは座間味島、安護の浦ビーチに面したホテルです。座間味港から離れているので周囲にはお店もレストランもありません。

無料送迎バスが利用できることが決め手でした。

ケラマビーチホテルの基本データ

ケラマビーチホテルの地図

羽田空港のラウンジを利用した後ビューンと沖縄へひとっ飛び

我が家は羽田まで遠いので朝早く出発するフライトには乗りたいくないんですよね。朝早いと電車も混んでるし。なの今回利用するのは羽田11:45分発の全日空477便沖縄那覇行きです。

これなら空いている電車でゆったりと羽田空港へ向かえます、うっしっし〜

浜松町から羽田行きのモノレールの車内

浜松町から羽田行きのモノレールもほれ、ご覧の通りの空き具合。

羽田空港第2ターミナルのシースルーエレベーター

羽田空港第2ターミナルに到着しました。

保安検査場を抜けてすぐのところに全日空のラウンジがあります。

羽田空港の全日空ラウンジ

羽田空港の全日空ラウンジの入り口

ラウンジの入り口。

ラウンジの様子
ラウンジの様子

ビジネスマンだった頃は出張が多くて全日空の上級会員でした。FIREして会社を辞めた現在は以前のように飛行機に乗らないけど、上級会員の資格を保持する方法があります。

それは「全日空スーパーフライヤーズカード」というクレジットカードを作ること。年会費がかかるから、それを補うだけのメリットを感じるかどうかで判断してね。

私はラウンジ使用や(国内線だけでなく国際線でも利用可)、荷物のプライオリティータグ付けなどにメリットを感じているから会費を払ってこのクレジットカードを持っています。

滑走路を眺めながらラウンジで朝食を食べる。

ラウンジを出て搭乗ゲートに向かいます。

沖縄・那覇行きの搭乗口

沖縄・那覇行きの搭乗口。

あの飛行機に乗って出発だ。

那覇空港に到着

那覇行き全日空471便の機内の様子

11時25分発那覇行きANA471便の機内。60%くらいの搭乗率でした。

那覇空港に無事着陸

那覇空港に無事着陸しました。

那覇空港の滑走路

那覇空港の滑走路。曇ってるけど気温は高そう。

綺麗な蘭がお出迎えしてくれました。

那覇空港のターミナル

緊急事態宣言発令中なのに那覇空港のターミナルは結構混雑している。

到着ロビー

飛行機を降りて到着ロビーに着いたら14時過ぎでした。羽田から3時間弱です。

到着ロビーに熱帯魚が泳ぐ水槽がありました。

ポーたま那覇くうこう国内線到着ロビー店

ANAのキャビンアテンダントさんたちが爆列している店があった。「ポーたま」???

美味しいのかな、後でチェックしてみよう。

ANAの上級会員は、機内に預けていた荷物が一番最初に出てきます。

これも私が年会費を払ってまでもスーパーフライヤーズカードを所持している理由。

スーツケースを受け取ったら出口へ向かいます。

那覇空港のバス乗り場
那覇空港のバス乗り場

荷物を取って到着ロビーのすぐ正面の出口を出たらバス乗り場があります。

かりゆしアーバンリゾート那覇がある泊港は3番のバス乗り場から乗車。

14時35分発、99番のバスに乗りました。待ち時間が少なくて効率的でした。

泊港は慶良間諸島方面へのフェリーが発着する海の玄関口。空港からも多くのバス便が出ているので便利ですよ。

泊高橋で下車

泊高橋で下車。空港からの乗車時間は約24分、運賃は240円でした。

泊埠頭旅客ターミナル

バスを降りたら目の前がホテル、あひゃ〜!

沖縄かりゆしアーバンリゾートホテルナハ

ホテルと旅客ターミナルが入っているとまりん
ホテルと旅客ターミナルが入っているとまりん

今回の旅行で泊まるのはかりゆしアーバンリゾートホテル那覇。

慶良間諸島への玄関口となる泊港に面したロケーションにあるリゾートホテルです。同じ建物の1階にはフェリーの乗船チケット売り場やターミナルがあります。

慶良間諸島などの離島へ行くことを計画してるトラベラーには超絶な便利なホテルだと思います。しかもコロナ禍の緊急事態宣言発令中で宿泊料金が激安!

かりゆしアーバンリゾートホテル那覇のエントランス
かりゆしアーバンリゾートホテル那覇のエントランス

オーシャンビューのツインルーム30平米、朝食ビュッフェ付きが1人なんと4000円!うひゃ〜!

でも残念ながら大浴場はクローズしてました、あひ〜!

ロビー

ロビー。

エレベーターを降りて客室へ向かう廊下

エレベーターを降りて客室へ向かう廊下。

オーシャンビューツインルーム

私が泊まった14階のオーシャンビューツインルームです。

ベッドサイズは1,150mm×1,950mm。

部屋から見る海の景色

部屋から泊港と沖縄の海がよく見えます。

泊港をランニング#旅ラン#街ランを楽しんだ

チェックインした後、部屋で着替えてランニングに出かけました。

乗船チケット売り場

ホテルが入っているのと同じ建物の1階にある乗船チケット売り場。

座間味島行きのチケットはオンラン購入しているけど引換券を入手する手順を確認しました。

客船ターミナルを抜けると港が見えます、おお〜!

泊港

あてもなく港に沿って北東へ走ってみました。

埠頭を左手に見ながら日除けのある歩道を走ります。日差しが強いからこれは助かる。

泊高橋の手前で振り返るとホテルと客船ターミナルが見えます。

泊高橋から見る川景色

泊高橋から見る川景色。川の名前はわかりません、あちゃー!

橋の北詰には立派な龍の欄干がありました。

座間味島行きのフェリー

座間味島行きのフェリーが停泊しています。

座間味島へはフェリーと高速船が出ています。フェリーの方が料金が安くて乗り場がターミナルから近いけど、乗船時間が高速船の倍くらいかかります。

泊港とフェリーターミナルやかりゆしアーバンリゾートホテルが入った「とまりん」

泊港とフェリーターミナルやかりゆしアーバンリゾートホテルが入った「とまりん」。

まぐろ都市那覇のぎょれん鮮魚卸売り市場「泊ゆいまち」で刺身と寿司を爆買い

泊ゆいまち

1kmほど走ったら、なんかお魚市場みたいなのが見えてきました。

ぎょれん鮮魚卸売り市場

ぎょれん鮮魚卸売り市場「泊ゆいまち」と言うらしいです。しかも那覇は「まぐろ都市」らしい。

新鮮な魚介類がたくさん売られています

新鮮な魚介類がたくさん売られています。しかも安い!

沖縄産本イセエビ

沖縄産本イセエビ。

たくさんのお店が並んでいます。冷房もガンガン効いてて気持ちいい。

沖縄県産のまぐろ売り場

市場内を散策していたら沖縄県産のまぐろ売り場がありました。

う〜ん美味しそう。

しかも安いね。

茂水産

お店によって値段は違うけど、刺身、寿司3パックで1000円という「茂水産」を発見。

お金を持ってなかったのでいったん走ってホテルにお金を取りに戻りふたたびこの市場へ帰ってきました。

パックで1000円

3パックで1000円だけど、流石に1人では3パック食べれません。

まぐろ刺身切り落としと握り寿司の2パックを1000円で買いました。お店の人は「もう1パック買わないんですか?同じ料金ですよ」と勧めてくれましたが、がび〜〜ん。

鮮魚市場で買った刺身と寿司を持って走ってホテルに戻りました。2往復したので走行距離は5kmでした、うははは。

ぎょれん鮮魚卸売り市場「泊ゆいまち」基本データ

ぎょれん鮮魚卸売り市場「泊ゆいまち」の地図

部屋でお寿司と沖縄県産まぐろの刺身を食べる

市場で買ってきた刺身と寿司

部屋でシャワー浴びて、市場で買ってきた刺身と寿司をつまみました。

市場で買ってきた刺身と寿司

新鮮で美味しい。しかもネタがでかい!

市場で買ってきた刺身と寿司

これで1パック500円はちょーお得ですね!

沖縄県産まぐろの切り落とし

沖縄県産まぐろの切り落とし。こちらも新鮮で最高に美味しいです!

ホテルの部屋で海を眺めながら美味しい刺身と寿司を食べて、それから明日お世話になる座間味島の渡し船の会社に電話をして少し休憩しました。

国際通りをぶらぶらしてドンキホーテでサングラスを買う

国際通り

部屋でゆっくりしたあと歩いて国際通りへ。

泊港のかりゆしアーバンリゾートホテルから徒歩15分くらいです。

国際通り

那覇のメインストリート、国際通りに到着。

むつみ橋にあるドンキホーテで、海中カメラ様のマイクロSDカードとサングラスを買いました。

国際通り

夕方の国際通り。

国際通りの椰子の並木

椰子の木の並木。

市場本通りアーケード

市場本通りアーケードの入り口

市場本通りアーケードの入り口です。

市場本通りアーケード

アーケードを奥の方へ歩いて行きます。緊急事態宣言中なので閉まっているお店が多いですね。

ポーたま牧志市場店

あ、ポーたま発見!

那覇空港でANAのキャビンアテンダントさんたちが飛行機を降りるや並んでいたお店です。

ポーたまは、沖縄の食文化を代表する「ポークたまごおにぎり」のお店ですね。ものすごく食べたいけど、今夜は沖縄そばを食べることにしているので泣く泣くスルーしました。

ポーたま基本情報

  • 住所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目8−35
  • 電話:+81988679550
  • 公式サイト:http://porktamago.com

ポーたま牧志市場店の地図

市場本通りの屋台で売られていたフルーツサンドやパインスティック

市場本通りの屋台で売られていたフルーツサンドやパインスティック。

もずくと海ぶどうの屋台

もずくと海ぶどうの屋台。

海ぶどうって美味しいのかな。

公設市場で念願の沖縄そば500円を食べた

しまっているお店が多い中、公設市場で沖縄そばを食べれるお店を発見!

空いているので入ってみました。

メニュー表

メニューを見ると沖縄そばの他に魅力的な定食もあります。う〜ん、定食も食べたいけどさっき刺身と寿司を食べたばかりだからあまりお腹減ってない。

なので普通の沖縄そばを注文しました。

沖縄そば

これがその沖縄そば。500円。すごく美味しかったです。

ホテルの部屋から見える泊港の夜景

そして歩いてホテルに帰りました。

窓から夜景を見ながら読書をしたりテレビを観て早めに寝ました。

【沖縄・那覇・慶良間諸島旅行1日目】那覇の海鮮市場でまぐろを食べた編の終わりに

🤗「【沖縄・那覇・慶良間諸島旅行1日目】那覇の海鮮市場でまぐろを食べた編」はこれでおしまいです。

今回の旅行では遅めの飛行機で那覇に到着。

ホテルチェックイン後、街ラン旅ランを楽しんでいたらまぐろ市場を発見。那覇は「まぐろ都市」らしいです。市場では沖縄県産の新鮮なマグロが安く売られていたので、ランニングの途中で刺身と寿司を買ってホテルに戻って食べました。

那覇で泊まったかりゆしアーバンリゾートホテルは、離島へのフェリーが発着する那覇の海の玄関口泊港に面しています。離島へ行くのにとっても便利なロケーションです。しかも那覇空港から路線バスで安く楽ちんでアクセス可能。

慶良間諸島などの離島への旅行を計画されている方は是非チェックしてみてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。このブログ記事があなたの沖縄旅行の参考になったらとっても嬉しいです。

次に読むのにおすすめの記事🐬

それではまた世界のどこかでお会いしましょう、笑顔あふれる良いご旅行を!

👍このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして応援ヨロシクお願いします↓