クイーンざまみのチケット予約・入手方法と座間味島への乗船体験記

2021年12月14日

泊港に停泊しているクイーンざまみ
泊港に停泊しているクイーンざまみ

🤗はいさい、めんそーれ!めいびじょん(イルカパパ)です!

緊急事態宣言発令下の沖縄では観光客が激減。那覇でも慶良間諸島などの離島でも、普段行列ができる人気の飲食店や予約が殺到する観光地の人気オプショナルツアーはがら空き!

苦境に喘ぐ旅行関係者、ホテル、飲食店を助けなければ!

と思い立ち、沖縄・那覇・慶良間諸島へ向かいました。

今日のブログでは、那覇から慶良間諸島・座間味島へ行くフェリーの予約手配方法、乗り方、乗船体験記などを紹介します。

このブログがあなたの沖縄・慶良間諸島旅行の参考になればとっても嬉しいです。それでは〜夢と冒険の旅へ〜〜ヒアウィーゴー!

クイーンざまみ・フェリー乗船チケット予約・購入方法

離島行きのフェリーターミナルが入っているとまりん
離島行きのフェリーターミナルが入っているとまりん

フェリーと高速船クイーンざまみの料金・所要時間比較

那覇ー座間味港にはフェリーと高速船クイーンざまみが運行しています。

料金はフェリーが片道2150円、往復4090円。

クイーンざまみは片道3200円、往復6080円。

所要時間はフェリーが片道90分、クイーンざまみが片道50分です。

船内持ち込み手荷物は1人2個まで可能。

とまりん1階のフェリーターミナル
とまりん1階のフェリーターミナル

運行ルート

クイーンざまみの運行ルートは

那覇ー座間味ー阿嘉島ー那覇

となっています。行きは座間味島へダイレクト着きますが、帰りは座間味島から阿嘉島に寄港して那覇に戻ります。

クイーンざまみ・フェリー乗船チケット予約・購入方法

座間味島行きのチケット売り場
座間味島行きのチケット売り場

乗船チケットの予約・購入方法は次の3通りです

  1. 電話 
  2. Web
  3. 窓口で直接

電話で購入する

電話予約は乗船の2ヶ月前から乗船の前日まで。当日の電話予約はできません。

予約・問い合わせはとまりん内チケット売り場(座間味村役場那覇出張所)  

電話:098-868-4567

Webで予約する

We予約は当日でも残席があれば可能です。

Web予約の場合はクレジットカードが必要です。変更、キャンセルは可能。ただし乗船当日紙のチケットを発券する必要があります。 

座間味村船舶公式予約サイトhttps://yoyaku.vill.zamami.okinawa.jp/zamami_web/nmnu0101!doFormOpen.action

チケット売り場で直接購入する

座間味島行きのチケット売り場兼座間味村那覇出張所
座間味島行きのチケット売り場兼座間味村那覇出張所

当日の朝、とまりん1階にあるチケット売り場で直接購入することもできます。ただし繁忙期は満席になるので、事前にWebか電話で予約することをお勧めします。

とまりん1階には、渡嘉敷島や久米島など座間味、阿嘉島以外の島へ行くチケット売り場が複数ありますので注意して下さい。

クイーンざまみの乗り場は遠い

とまりんのチケット売り場からクイーンざまみの乗り場まで徒歩で10分程度かかります。予約する時はそれを考慮して下さい。夏の暑い日にスーツケースを転がしながら歩くのは結構大変です、うひゃぁ〜!

座間味村公式サイトから引用

私はクイーンざまみの乗船チケットをインターネットで買いました。

当日では満席になっているかもしれないので事前にネットで購入しておいたのですが、この時は緊急事態宣言発令中だったので満席の心配は不要だったと思います。

チケット発券方法

座間味島行き乗船チケットの自動発券機
座間味島行き乗船チケットの自動発券機

Webで予約、購入した場合、チケット売り場で紙のチケットを発券する必要があります。Web予約をするとQRコードが登録しているメールアドレス宛に送られてきます。

バーコードリーダー
バーコードリーダー

チケット売り場の横にあるバーコードリーダーにQRコードをかざすとチケットが発券されます。

往復予約した人は

帰りのチケットも発券されます

ので忘れないように取って下さい。領収書も出てきます。

朝食後ホテルをチェックアウトし乗船チケットを発券してクイーンざまみ乗り場へ向かう

クイーンざまみ
クイーンざまみ

沖縄旅行・慶良間諸島旅行2日目のスケジュール

  • ホテルで朝食バイキング
  • チャックアウト後徒歩でクイーンざまみ(高速艇)乗り場へ
  • クイーンざまみに乗船し9時50分座間味港に到着
  • 無人島渡し船で嘉比(がひ)島へ
  • 嘉比島でシュノーケリング1時45分まで
  • 座間味港に戻り2時からのボートシュノーケリングツアーに参加
  • 伊釈加釈(いじゃかじゃ)島でボートシュノーケル
  • 座間味港に戻り港からホテル送迎バスでホテルに移動しチェックイン
  • チシ展望台、ユヒナの浜へランニング
  • ホテルの夕食
  • ケラマビーチホテル泊

ホテルで朝食バイキング

かりゆしアーバンリゾートホテルの朝食レストラン
かりゆしアーバンリゾートホテルの朝食レストラン

旅行2日目は7時10分に起きてホテルのレストランで朝食バイキングを食べました。朝食は宿泊プランに含まれています。

海が見えるテーブル席
海が見えるテーブル席

海が見えるテーブル席でゆっくり美味しい朝食をいただきました。これで1泊4500円は安い!

桟橋へ続くボードウォーク
桟橋へ続くボードウォーク

食後、コンビニに水を買いに行きました。ところがホテルが入っているのと同じ建物の1階にあるフェリーターミナル内のローソンは空いていません、ぐぐぐ。

それで道路の向かいにあるファミマに行きミネラルウォーターの2リットルのペットボトルを2本買いました。離島では水を入手するのが難しいかもしれませんから。それに座間味島で泊まるホテルの周りにはお店が1軒もない、あひゃ〜!

ファミマで水を買ったら部屋に戻りスーツケースにペットボトルを入れて閉めます。リュックサックには500ミリリットルのペットボトルに水を移し替えていつでも飲めるようにリュックに入れておきました。

私が予約した船は泊港を9時出発です。

8時40分にホテルをチェックアウトし、チケットを発券して、歩いてクイーンざまみ乗り場へ向かいました。

クイーンざまみ乗船体験記

いよいよクイーンざまみに乗船します
いよいよクイーンざまみに乗船します

フェリーターミナルとまりんから歩いていくとクィーンざまみが見えてきました。結構歩きました、汗。

乗船したら席がいっぱい。荷物置き場もいっぱい
クイーンざまみの船内

乗船したら席がいっぱい。荷物置き場もいっぱい、あちゃ〜!

2階のデッキ

2階のデッキに上がりましたがイスがない!でも景色がいいのでしばらくデッキで海を眺めることにしました。

泊港ととまりん
泊港ととまりん

後方には昨夜泊まったかりゆしアーバンリゾートホテルが見えています。

泊大橋と私

泊大橋と私。よく見えないけどこの時着ているのはミュンヘンで買った、バイエルンミュンヘンのオフィシャルユニフォームです。旅行中何人かの人に「あ、それ!」と声をかけられました、笑。

泊大橋を潜ります

泊大橋を潜ります。

謎の手振り。どこに向かって手を振っているんだろう??

白い水の尾を引きながらとまりんとホテルが遠ざかる

白い水の尾を引きながらとまりんとホテルが遠ざかる。

1階後方の客席
1階後方の客席

階段で1階におります。

冷房の効いているクイーンざまみの1階席
冷房の効いているクイーンざまみの1階席

1階の船室に降りてきたら冷房が効いてて気持ちいい。

そして前方に空いている席を発見しました。

船内には自動販売機もあります

船内には自動販売機もあります。

爆睡する乗客たち

出港して30分もすると乗客は皆さん爆睡モード。

窓の外に見える島かげ

時々窓の外に島影が見えます。

座間味港に到着しました

那覇を出港し50分で座間味港に到着しました。おお〜!

座間味港で船を降りたところ

座間味港で船を降りたところ。定刻通り9時50分に到着です。

座間味港のフェリーターミナル

座間味港のフェリーターミナル。暑いのでとりあえず中に入ります。

終わりに

🤗「クイーンざまみのチケット予約・入手方法と座間味島への乗船体験記」はこれでおしまいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。このブログ記事があなたの沖縄旅行の参考になったらとっても嬉しいです。

次に読むのにおすすめの記事🐬

それではまた世界のどこかでお会いしましょう、笑顔あふれる良いご旅行を!

👍このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして応援ヨロシクお願いします↓