子連れにおすすめ!グランドハイアットカウアイのプール遊び

2019年1月14日

グランドハイアットカウアイのプール

🏝aloha〜☆ハワイ大好きなイルカパパです。

マリンスポーツ歴40年、カウアイ島にタイムシェアーのリゾートコンドを購入し毎年子連れハワイ旅行を楽しんでいます。日本人にはまだまだ馴染みの薄いカウアイ島というマイナーな島の情報を発信しています。

グランドハイアットカウアイのプール

グランドハイアットカウアイのラグーンプール
ラグーンプール

今日はダイヤモンドリゾートの隣にあるグランドハイアットカウアイのプールへ遊びに行きます。これがまたとんでもなく広くて楽しいプールです。プールと言うよりタイプの異なるいくつものプールが集まったウォーターパークですね。

🏊‍♂️参考記事:子連れ海外旅行のエキスパートが選ぶ・子どもが喜ぶ世界の楽しいプールおすすめランキング10選

広いラグーンプール

海みたいに広いプールの写真

上の写真の見て下さい。これ、海ではなくプールなんです。

砂があって遠浅のビーチがあってまるで本物の海みたいですが、プールなんです。

グランドハイアットカウアイにはこんなビッグでハッピーなプールがたくさんあります。も〜1日中遊んでも子供は遊びたりないと言うでしょう。

滝の流れる冒険プール

この記事を参照してね🏊‍♂️

冒険プール

これは冒険プール群の写真です。それだけでも満足出来る大きさの4つの円形プールと、それらを繋ぐクリークのような流れるプール。冒険プールには、滝あり洞窟あり、ジャングルや岩場ありで、南の島の冒険気分を盛り上げてくれます。

スタート地点から4つの円形プールを通って、スライダー乗り場までつながっています。

ウォータースライダー

ウォータースライダー

冒険プールの終点がウォータースライダー乗り場になっていて、そこから中段のリラックスプールへ滑り落ちることができます。ウォータスライダーは45メートルの長さがあり、岩の間をすり抜けるスリルは格別です。

滑り終わったら、リラックスプールから階段でスライーダー乗り場へ戻ることができます。

あわせて読もう🐬

リラックスプールと人工島

リラックスプール

リラックスプールは中段にある複雑な形をした巨大なプールです。東端にはウォータースライダーの着水ポイント、北端には大きな滝、西端には水中バレーボールコートがあります滝に打たれる修行ごっこもできますよ(笑)

プールにはいくつか無人島が浮んでいて、島には温水ジャグジーがあります。島に上陸してジャグジーでのんびりリッラクスしている人がたくさんいます。

ハンモックに寝転ぶりゅう

ハンモック

グランドハイアットカウアイのプールにはこれでもか!と言う程ハンモックがあります。風にゆらゆら揺られながらハンモックに寝転がるのも気持いいです。

ハンモックの他にもリラックスブランコやビーチベッドもふんだんにあります。

ラグーンプール。ヤシの木の囲まれている。ビーチにはパラソルが並んでいる。

ラグーンプール

グランドハイアットカウアイの一番下段にはラグーンプールがあります。砂浜があって遠浅のビーチがあって島があって、始めて見た時は「ゼッタイ海だ!」と信じて疑いませんでした。

でもこれはプールだったんです。しかも冬は温水プールになります。遠浅なので小さなお子さんでも安心して遊べますよ。我が家も子供が小さかった頃は波打ち際にビーチベッドを置いて、その近くで遊ばせていました。

茅葺屋根のアクティビティデスク

アクティビティセンター

ラグーンプールはカヤックで探検することもできます。

カヤックはラグーンプールのビーチ中央付近のアクティビティセンターで借りることができます(有料)。カヤックのほかシュノーケルセット、浮きベッドなども借りることができます。

🛶子連れカヤックの楽しみ方はこの記事を参照してください

プールの最大水深は3.5メートルあるので、潜っても楽しいですよ。

トロピカルな木々や花にかこまれたプールバー

プールバー

ラグーンプールのビーチ東寄りにあります。アルコール、カクテル、ソフトドリンクから軽食まであります。オーダーしたものを自分たちのビーチベッドまで運んでもらうことも出来ます。支払いは最後のまとめておこないます。

ビーチ

シップレックビーチ

ラグーンプールの外側には本物のビーチがあります。広い砂浜が弧を描くとても美しいビーチです。ここはハリソンフォード主演のハリウッド映画「6デイズ7ナイツ」の撮影ロケが行なわれた場所です。

映画では絶海の孤島という設定でしたが、実際はこんなゴージャスなホテルの隣だったんですね。夏は大きな波がくるのでサーフィンやボディボードが楽しめます。冬は波がなくシュノーケリングが楽しめます。

グランドハイアットカイアイのプール

グランドハイアットカウアイの特徴と主な設備/サービス

グランドハイアットカウアイはカウアイ島南海岸ボイプビーチエリアにある、ハワイ屈指の高級リゾートホテルです。オーシャンフロントの敷地に低層客室ヴィラや人工ラグーン、プール、南国ガーデンがゆったりと配置されその面積は19万平方メートルもあります。

我が家が滞在しているダイヤモンドリゾートとは、ビーチ沿いの遊歩道でつながっています。

主なサービス / 施設

  • PGAグランドスラムが毎年行なわれる「ポイプベイカントリークラブ」に隣接
  • ポイプ乗馬クラブ
  • シップレックビーチ
  • ウォーターパーク(プール)
  • スパ
  • フィットネスクラブ
  • ショッピングモール
  • テニスコート
  • レストラン
  • トレッキングコース(ポイプベイ)
  • キッズプログラム
  • グランドハイアットカウアイの公式サイト/日本語

ウォーターパークのように広くて楽しいプール1日なか遊べて子連れ旅行者におすすめです!

メインエントランス

カウアイ島2日目午前中のスケジュール

カウアイ2日目なのであまり無理して遠出はしません。

部屋で朝食を食べたあと、リュウは勉強と宿題をします。わたしは海が見えるオーシャンビューのラナイで読書、ママはベッドでゴロゴロしながらカウアイのローカルテレビを観ていました。そしてその後、グランドハイアットのプールで思いっきり遊びました。

  • 6時起床
  • 7時までジョギング&散歩
  • 7時〜8時まで朝食
  • 8時〜10時まで勉強
  • 10時~13時 ハイアットのプール

このブログ記事があなたの子連れハワイ旅行の参考になったらとっても嬉しいです。

それではまた世界のどこかでお会いしましょう、笑顔あふれる良いご旅行を!

このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして熱い応援ヨロシクお願いします👍→それ行け!子連れ海外旅行:https://kidsvacation.net/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/それ行け子連れ海外旅行-158331534257834/