【子供も美味しく食べれる】代表的なギリシャ料理

2019年2月14日

💗ども、ヤーサス、子連れ海外旅行をこよなく愛するイルカパパです。

小2、小5の息子とママと私の4人で個人手配家族旅行を楽しんできました〜。今回は意外と知られてないけど腰を抜かすほど美味しいギリシャ料理の紹介をするよ、読んでよだれ垂らすんじゃないぞぉ〜、うははは。

ギリシャのレストラン

メゼとは

メゼはお酒のおつまみになる「小皿料理」という意味で使うのが一般的だ。ウゾというアニスのスパイスが効いた穀物の蒸留酒をちびちびやりながら、タベルナで食べるのが本場流。子連れ家族で人数が多ければいろんな種類のメゼをちょっとずつ注文して食べ比べるのも楽しいぞ。

一方メゼは単に「前菜」という意味で使われることもある。ま、同じようなもんだけどね、ふっふっふ。

ホリアティキサラダ(グリーンサラダ)

フェタチーズがのったホリアティキサラダ

「田舎風サラダ」「農夫のサラダ」という意味のサラダ。オリーブオイルがたっぷりかかったトマト、キュウリ、タマネギ、オリーブの実などがゴロゴロ入っていて、上には山羊乳のフェタチーズがのっている。

タラモサラタ

ギリシャ料理
海老のサガナキ/ケフテデスは肉団子 奥のピンク色のがタラモサラタ / ギロピタ

魚卵、ニンニク、タマネギ、オリーブオイルとレモン汁、マッシュポテトまたはパンを潰して混ぜたペースト状のティップ。ギリシャヨーグルトを加えるお店もある。パンにぬったりサラダに乗せたりして食べるよ。もーとっても美味しくていくらでもいけちゃうという感じ。日本人好みの味だよ。日本でもたらこを使って簡単に作れるので、食べたことのある人もけっこういるんじゃないかな〜。

サジキ

バイラクタリスの公式サイトより引用

水切りしたギリシャヨーグルトときゅうりで作られたソース。パン、クラッカー、スブラキ、ギロピタ、フライなどいろんな料理になどにつける。

ホルタ

野草を茹で、そこにレモン果汁とオリーブオイルをかけたサラダ。

ファヴァ

https://www.instagram.com/p/BzNW7rLhIQG/?utm_source=ig_web_copy_link

レンズ豆を煮込んでピューレ状に潰しレモン果汁とオリーブオイルを加えたもの。オニオンスライスとの相性が抜群。

ケフテデス

https://www.instagram.com/p/Bvy2K1JA5-L/?utm_source=ig_web_copy_link

ギリシャ風ミートボール。しかし野菜だけで作られているものや、魚の身をつなぎに使っているものなど「ミート」ではない「ボール」もある。

サガナキ

本日のスープ(左上) / ポークスブラキ(左下) / トマトソースで煮た海老のサガナキ(右)

フェタチーズのフリット、または焼チーズ。レモンを絞って食べるのが一般的。サガナキは「小さなフライパン」という意味でいろいろなバリュエーションがある。我が家が食べたのはサガナキを小さなフライパンで海老と一緒にトマトソースで煮込んだもの。

ムサカ

料理の写真
フェタチーズがのったグリークサラダ / スパゲティミートソース / なすとチーズとひき肉の重ね焼き、ムサカ

なす、ひき肉、トマト、ジャガイモ、牛乳、バター、チーズ、で作られたギリシャ風グラタン。ギリシャ料理を代表する一品でお店ごと、家庭ごとに自慢の味、レシピがある。

スヴラキ

豪快なシーフードスヴラキ

ポーク、ラム、チキンの肉を串刺しにして炭火で焼いた料理。スヴラキ専門のファストフード店があるほどギリシャでは人気が高い。エーゲ海ではシーフードのスヴラキが食べれるぞ、ひぃ〜〜。

カラマリ

ボリューム満点のカラマリ
カラマリは日本人にもとっても食べやすく美味しい

イカのフリット。レモン果汁をふって食べる。サントリーニ島で食べるカラマリは極楽浄土の味。

ギロ

ギリシャ名物ギロスタンド
ギリシャ名物ギロスタンド・モナスティラキ広場のバイラクタリス

スヴラキと並ぶギリシャの人気ファストフードで、羊肉や牛肉のミンチを固めて回転ロースターでじっくり焼いた料理。その場でそぎ落として焼きたてを食べることもできる。

ギロピタ

ピタというパンにギリシャヨーグルトを塗って、削ぎ落としたばかりのギロとトマトや玉ねぎを挟んだものをギロピタと言う、いやぁ〜〜ん、美味しすぎる〜〜。

ギロピタ
ケフテデスとタラモサラタ / スパゲティミートソース / ギリシャ風サモサとタラモサラタ / ギロピタ

ドルマデス

バイラクタリスの公式サイトより引用

ご飯と挽き肉にハーブやタマネギを混ぜ込み、ブドウの葉に包んで煮込んだ料理。

イェミスタ

写真左の左端の赤い料理がイェミスタ

イェミスタは、ギリシャ風ピーマン肉詰め料理。ピーマン以外にトマトやナスなど使用するものもある。くり抜いた中に米や挽肉を詰めて焼きあげる。

スイーツ

ギリシャのアイスクリームスタンド

ハルヴァ

ゴマや野菜、果物、砂糖、油脂などを混ぜあわせて作る伝統的なスイーツ。

ガラクトブレコ

パイ生地の間にカスタードとセモリナのプディングを挟んで焼いたギリシャ風カスタードパイ。

ギリシャグルメの代表ごまパン
ゴマがたっぷりかかったギリシャ風パン、クルーリは街角で売られている

バクラヴァ

ピスタチオやくるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツをパイ生地に挟んで焼き上げるスイーツ。

タベルナで夕食を食べる子供たち
食後のデザートにバクラヴァかガラクトブレコで悩む子供たち

代表的なギリシャ料理のまとめ

ギリシャ料理は、素材の持ち味を生かしさっぱりした味付けのものが多いよ。シーフードも新鮮だから、日本人好みの料理と言えるね。クセがないので子供も喜んで食べると思う。

子供の味覚は大人には理解できないくら敏感なもの。子連れ海外旅行では行き先の国の料理を子供が口にできないケースもあるけど、ギリシャではその心配は無用だぞ。

大人も子供も毎度の食事が楽しみでしょうーがなくなるくらい幸せな料理が待っている。

あなたも美味しいギリシャ料理をいっぱい食べてきてね!

次に読むのにおすすめの記事🐬

この記事があなたの子連れギリシャ旅行の参考になったならとても嬉しいです。

それではまたお会いしましょう、良いご旅行を!

このブログの中でひとつでも「いいな」と思ったことがあればSNSなどでシェアして熱い応援ヨロシクお願いします(^^)→それ行け!子連れ海外旅行:https://kidsvacation.net/