リドゲートビーチ州立公園

2019年1月15日

リドゲートビーチ州立公園

ハワイ滞在6日目(カウアイ島3日目)、ポイプビーチでボディボードを楽しんだあと部屋に戻りママをピックアップして東海岸のウォルマートへ行きます。ウォルマートでママを下ろし私とりゅうはリドゲートビーチへ向かいました。

東海岸へ移動

ブルネッキーズビーチでさんざんボディーボードを楽しんだあと、水着のまま歩いて部屋に戻ります。ブルネッキーズビーチから、ダイヤモンドリゾートまで歩いて6~7分、それも海辺の眺めのいい道を通るのでとっても気持がいい散歩です。

部屋に戻ったらママを連れて、リフエの町の北側にあるウォルマートへ行く予定。

「最低2時間は買い物したい」

というママのリクエストにお応えし、午後3時にはブルネッキーズビーチから上がってきました。ダイヤモンドリゾートからウォルマートまで車で30分ほどです。3時半にウォルマートに着いたらそこでママを降ろし、私とリュウはリドゲートビーチへ行く事にしました。

リドゲート州立公園の駐車場

ウォルマート

ウォルマートは、アメリカに本社を置く世界最大の小売りチェーンです。世界15カ国に進出し、年間売上高はおよそ40兆円。これは全店舗で24時間営業していると仮定しいても1分間に7600万円の売り上げがあるということです。へたな国のGDPより大きいですね。

巨大なワンフロアーに、雑貨から衣料、食品、家具、おもちゃ、レジャー用品、家電、ガーデニング、医薬品、まであらゆるものがものすごいボリュームで並んでいます。そして安い!

特にこども服やおみやげは、ウォルマートでチェックすることをおすすめします。ちなみに日本では西友の100%株主です。(*2018年に全株式の売却を決定しました)

カウアイ島のウォルマートはリフエの町の北側にあります。お店の前の駐車所でママを降ろし「2時間後に迎えに来る」という約束でわたしとリュウはリドゲートビーチヘ向かいました。

リドゲートビーチ

リドゲートビーチ州立公園

リドゲートビーチはカウアイ島の東海岸、ワイルア川河口の南側にあるビーチです。ビーチ周辺は「リドゲートビーチ州立公園」に指定され整備されています。以下は州立公園内、周辺の情報です。

◆ワイルア川

ワイルア川はハワイ州最大のカヤックのメッカで、周囲にはカヤックツアーやシダの洞窟ツアーなど、様々なアドベンチャツアー会のオフィスがあります。

あわせて読もう

◆ショッピング

ワイルア川の北側にはクヒオハイウェイ沿いにショッピングモールやファーストフードレストランが立ち並んでいます。テイクアウトの料理を買ってきて、ビーチのピクニックテーブルで食べれば、おしゃな「ハワイの海めし」時間が楽しめますよ。

◆州立パーク

リドゲートビーチは「リドゲート州立公園」内にあります。公園内の施設は原則すべて無料で利用できます。

  • 駐車場
  • ピクニックテーブル
  • トイレ/シャワー
  • 更衣室
  • ライフガード常駐
  • 天然芝のグランド
  • プレイグランド

◆プレイグランド

カマラニプレイグランド。吊り橋やスライダーからなる巨大な遊具。子ども達が小さかった頃はここだけでも半日遊べました。

◆天然プール

ビーチの北側にある岩でかこまれたエリア。波がなく小さな子どもでも安心してシュノーケリングが楽しめます。

◆遺跡

公園内の一角にはホウオラ・オ・ホナウナウと呼ばれる寺院の遺跡やヒキナアカラ・ヘイアウという神殿跡が残っています。こういった遺跡群は公園内だけでなくワイルア川周辺にも数多く見られます。このあたりが遥か昔ポリネシアから海を渡ってやって来た先住民の時代から聖なる土地として人々に崇められてきたと推測されています。

リドゲートビーチでボディボードをする子ども

リドゲートビーチの特徴

駐車場に車を止めるや、リュウはすぐボードを持って海へ走り出しました。ブルネッキーズビーチでボディボードをしたあとも、水着のままだったので、着替える必要がありません。

リドゲートビーチはほぼ年中波があるビーチです。そのため小さな子供用に、ビーチの北側に岩でかこまれた天然プールが作ってあります。この天然プールエリアは波がなく安心してシュノーケルを楽しめます。小さな子供用のプールと言っても、大きな大人でも十分楽しめるほどの広さがあり、沖に出ると大人でも全く足がつかない深さです。一番沖まで行くと水深は3m近くあります。きれいなトロピカルフィッシュをたくさん見ることができますが、水の透明度は低いです。

一方、ビーチの南側は波が絶えず押し寄せるサーフィン、ボディーボードにうってつけのエリアです。ただ、夏の南海岸、冬の北海岸ほどには巨大な波はきません。もっと大きな波で遊びたい人には少物足りないでしょう。

あわせて読もう

リュウが小さかった頃は「リドゲートビーチ」といば巨大なカマラニプレイグランドで目を輝かせて遊んでいましたが、今はもうボディボードに夢中のようです。少し荒れた海をものともせず、何度波にのまれても、すぐまた次の波に挑んでいました。

そしてウォルマートで買い物をしてるママを迎えに行く頃にはすっかり上手く波に乗れるようになっていました。

リドゲートビーチ

カマラニプレイグランド

海から上がったら、ビーチ沿いの無料シャワーで潮と砂を落とし服に着替えて、少しカマラニプレイグランドで遊ぶことにしました。

「リドゲートビーチではカマラニプレイグランドで遊ぶ」というのが、昔からの我が家のルールというか習慣になっているからです。ところがリュウは興味なさそうに「パパが言うから仕方なく」ちょっとだけスライダーを滑って楽しむふりを見せ、お腹がすいたらからもう帰ろうと言います。こんなとき「ああ、大きくなったんだなー」と子供の成長を実感します。

もうスライダーのあとから私が怪獣のふりをしておっかけても喜びません。

昔ここで何回もそうしたようには。。。

夕暮れのリドゲートビーチ

ウォールマートでママと再会/約束の時間に遅れたが

リュウがなかなか海から上がってこないので、ママとの約束の時間に40分も遅れてウォルマートに到着しました。

「きっと怒ってるだろーな」

ウォルマートでママと再会したとき、ママに叱られることを覚悟していましたが

「何でもっと遅くまで遊んで来なかったのよーー」

逆の意味でお怒りな様でした(笑)

お店を出ると西の空にきれいな夕焼けが見えていました。明日も晴れるかな。

カウアイ島の夕焼け


';})();}catch(e){console.error('bc_06b090e8d4c3e0cad34fa9cc6df58d39.error: '+e.message);}